すっぴん クマ

アイクリーム美容液ランキング

 

すっぴんでもクマの心配をしないために

クマができる原因

遅くまで起きた次の朝、すっぴんの顔の目の下が黒〜くなってて、気分が落ち込む事があります。
この、目の下が黒くなる原因は、一体何なのでしょうか。

 

<クマの原因とは>
・色素沈着
・血流が滞っている
・皮膚のへこみ

 

このような事が、目の下にクマが出来る原因となります。
クマの原因となる、色素沈着・血流の滞り・皮膚のへこみは、どうして起こるのでしょうか。
目の下に色素沈着が起きる理由は、紫外線や目のこすり過ぎ・アトピー・乾燥などが考えられます。
血流が滞る事で起こるクマは、冷えや夜更かし・疲労・ストレスなどが考えられます。パソコンや携帯を凝視したりする事も、クマの原因となったりします。
皮膚のへこみは、加齢によるたるみ。または、生まれつき目の下の脂肪が少ない事が原因と考えられます。

 

これらのクマの原因が、自分にはどれが当てはまるかの判断は、クマの色でも分かる事ができます。

目元のクマの種類は?

目の下のクマの原因は、色素沈着・血流の滞り・皮膚のへこみが関係している事が分かりました。
これらの原因別によって、目元のクマの種類が変わります。目元のクマのタイプと見分け方をまとめました。

 

<クマのタイプと見分け方>
・茶グマ…主に色素沈着が原因となるクマです。シミのようになっている茶グマと、メラニンが皮膚の奥まで沈着してしまった茶グマとあります。
見分け方は、目の下が茶色、又は黄味がかっているようなクマは、茶グマタイプと言えます。
・青グマ…主に目元の血流が滞っている事が原因となるクマです。
見分け方は、目の下側が青っぽくなっているクマは、青グマタイプと言えます。
・黒グマ…主に皮膚のへこみが原因となるクマです。
見分け方は、目の下にしわやたるみがあり、それが原因となって陰になって目の下が黒く見えたら、黒グマタイプのクマと言えます。
このように目元のクマには、主に3つの種類があります。
これらの種類別のタイプを見極める事で、クマの原因が分かります。すっぴんになった時に見たくない目の下のクマの対処をする時にも、クマの原因が分かっていると対処しやすくなります。自分の目のクマの原因をきちんと把握しておくことが大切です。

メイクでもクマが消えない

クマを消す対処法として、メイクで隠すことは出来るのでしょうか。
メイクでクマを急いで隠そうとして、目元が余計目立ってしまうという事があります。クマの色とファンデーションの色が混ざり、目の下が不自然な色になってしまう事も…。
このように、メイクをしてもクマが消えない・隠せないという状況はどうしてでしょうか。
メイクでクマが消えない理由をまとめました。

 

<メイクでクマが消えない・隠せない理由>
・ファンデーション・コンシーラーの厚塗り
・コンシーラーを塗った場所が、周りの色と明らかに違う

 

このような事が原因となり、メイクをしてもクマが余計に目立ってしまい、クマが消えない・隠せないという状況に陥いります。
このような事を防ぐには、目の下の部分のクマを隠そうとしてファンデーションやコンシーラーを厚塗りしないという事が大切です。
また、クマにコンシーラーを塗る時、その周りの部分の色とクマの部分の色が均一となるように綺麗にぼかしましょう。

クマの予防や解消方法

クマを消すためにメイクを頑張るよりも、すっぴんの時にクマがないという事が1番大事です。そして、隠す必要がないのでメイクも楽になります。
このクマを予防するためには、どうしたらいいのでしょうか。解消方法はあるのでしょうか。
クマの種類別にまとめました。

 

<クマを予防するためにした方がいい事>
〇茶グマ
茶グマは色素沈着が主な原因です。なので予防法としては、クリームや美容液などで美白ケアをするといいです。注意したいのは、目の近くをケアしますので、クリームや美容液が目に入らないように気を付けましょう。

 

〇青グマ
青グマは血流の滞りが主な原因です。なので、予防法としては目元のマッサージやホットパックなどで、血流を良くするといいです。
その時に注意したいのは、目の周りの皮膚は薄いので、目元に負担をかけないようにマッサージなどを行いましょう。

 

〇黒グマ
黒グマは皮膚のへこみで影が出来る事が主な原因です。なので、予防法としては目の下のたるみを予防するトレーニングなどが効果的です。
トレーニングの方法としては、下まぶたに力を入れて下のまぶたを上げたり下ろしたりするトレーニングなどがあります。

 

<クマの解消法>
〇茶グマ
茶グマの予防をしていても茶グマが出来てしまったら、茶グマの解消法としてレーザー治療があります。メラニン色素の排出や産生の抑制に効果的です。
〇青グマ
青グマの予防をしていても青グマが出来てしまった時、解消法としては血流を良くするのが1番です。マッサージの他にも、血行を促進するアイクリームもありますので、毎日の日課に取り入れましょう。
運動や半身浴などをして、全身の血流を良くすることにも努めましょう。
〇黒グマ
黒グマ予防をしていても黒グマが出来てしまったら、解消法として皮膚のへこんだ部分にヒアルロン酸を病院で注射する方法があります。また、目の下の影の原因になる眼窩脂肪を取り除く治療をする方法もあります。

 

このように、クマを予防する方法はたくさんあります。クマ予防には毎日のケアが大切なので、日々のケアを心掛けましょう。
また、出来てしまったクマにも病院で治療をするなどの方法もありますので、諦めずに病院で相談してみる事も大切です。

アイクリームや美容液

クマの予防法・解消法には色々ありました。
クマの予防・解消法の中の1つ、アイクリーム・美容液の使用では、どのような効果があるのでしょうか。すっぴんの顔でもクマがなくなるでしょうか。

 

<アイクリームの効果>
アイクリームの主な効果は、目元の保湿をして乾燥を防ぐ事です。そのため、目元の小じわなどの改善が期待できます。また、美白成分入りのアイクリームなら茶グマへの効果も期待できます。

 

このような効果がアイクリームにはあります。皮膚のたるみによる黒グマなどは、改善は難しいかもしれません。また、青グマの場合はアイクリームを塗る時に優しくマッサージする事で、血行を良くする事もできます。
主に、アイクリームの効果は目元の保湿などでしたが、目元美容液はどのような効果があるのでしょうか。

 

<目元美容液の効果>
目元美容液も様々なものがありますが、主な目元美容液は、目元の小じわ・シミ・クマなどを改善する事が期待できます。目元美容液で、目元の血行を促進させる成分や美容成分を目元のお肌に浸透させます。お肌に塗る化粧水と同じように、美容成分がたっぷり入っているので、目元のお肌がきれいになります。

 

このような効果が目元美容液には期待できます。美白成分が入った目元専用美容液ですと、茶グマなどにも効果的です。他のクマにも、目元専用美容液をつけて優しくマッサージする事で目元の血行をよくする事が期待できます。

 

アイクリームは、主に保湿効果。目元専用美容液は、主に浸透力。
このような違いがあります。
クリームタイプが好きな方、さらっとした美容液タイプが好きな方と、自分の好きなタイプの物を選んでもいいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。目元のクマを予防・解消する方法はいろいろありました。すっぴんの時にもきれいな目元でいるために、日頃のケアが大切です!

まとめ

 

体験者の口コミ

 

 

 

 

 

>>アイクリーム美容液ランキング